月

―地霊殿雑考ページ―

09 4/24
ちょっと古明地さとり考察の妖怪・覚(さとり)についての調べが
甘かったように思われたので、
その部分をリテイクして改訂してみました。
それに併せて考察をちゃんと3つの節に分けてみました。
古明地さとり考察
第1節 第2節 第3節

併せて、今までの第1節の部分はここに格納したいと思います。
というわけで、今までの古明地さとり考察の第1節だった部分を留めておきます。

---------------------------------------------------------------------

1.妖怪さとり



 妖怪さとり。
 人間の心・考えを読む力を持つ、山に棲む妖怪である。
 その力から、"オモイ(思い)"や"思いの魔物"と呼ばれる。
無論、"さとり(覚)"の名もその力故である。
 この他、またの名を(かく)といったり、
長く黒い体毛に全身を覆われた猿、ないし狒々(ひひ)に似るという姿からか
黒ん坊と呼ばれたりもする。
 そんなさとりは、伝承では次のような物語で語られる。

 ある時、(きこり)が山中でさとりに遭遇し、恐怖を覚える。
 すると、さとりは樵が怖いと思ったことを言い当てた。
 その後も、"食われる"とか、"逃げよう"といった樵の思っていることを
次々と言い当てつつ、さとりは近付いてくる。
 さとりが間近に迫ったその時、樵は手に持っていた斧で
無意識に木を切りつけると、その破片が偶然にもさとりに命中し、
さとりは「思うことより、思わぬことの方が怖い」と言って逃げてしまった。

 襲われる人間は樵の他、猟師や炭焼といった、
いずれも山を歩く人間である。
 襲われる場所は先のように山中の他、山小屋の中などという場合もある。
 この場合は、囲炉裏の火に薪をくべると、その破片或いは火の粉が飛んで、
やはりさとりは撃退されてしまう。
 襲われる人間や場所、逃げる際のさとりの言葉などに
幾つかのバリエーションはあれど、いずれもさとりに関する伝承は
山の人間が襲われるものの、その時に取った無意識な行動、偶然によって
さとりが撃退される、というある程度一定の型を持っている。

 地霊殿の主にして、怨霊も恐れ怯む少女・古明地 さとり。
 "さとり"の名もさることながら、その"心を読む程度の能力"も、
この妖怪さとりに由来している。
 ところで、この"無意識"な行動によって妖怪さとりが
撃退されたという話、その無意識という単語には、
Stage EXTRAボス、古明地 こいしの影が見え隠れする。

 さて、"さとり"という語はサトイ・サトルのように、
物事を理解するという意味を有する。
 また、物語や伝承では子供(尸童(よりまし)・神霊が依りつく童子)が
さとい存在として描かれることがある。
 一方で、妖怪さとりに関して五来 重氏は"さとりわらは"、
人の考えを読む童で、山の神の化身である童子が
もともとの姿であったのではないか、と『鬼むかし』で述べているという。
 少しファンシーなところや古明地 さとりの服装、
「"少女"さとり ~ 3rd eye」というテーマ曲の名は、
或いは神の依代(よりしろ)となる子供がサトイとされること、
ないし妖怪さとりを山童と同様に山の神が零落したものであり、童に通じる、
という考え方が影響したのかもしれない。



---------------------------------------------------------------------

09 2/6
・『東方地霊殿』のサブタイトル、"Subterranean Animism"について

 ●animism(アニミズム)
 端的にいえば、動植物などのような自然物、或いは自然現象まで
自然界のあらゆるものには霊魂が宿るという考え、思想。
 また、そうした考えの上の信仰を指す。

 一八一七年、E.B.タイラー(人類学者/英)が宗教の起源説
を説く為に提唱した概念。
 その名は、ラテン語の "anima"
(霊魂/このうち先頭の an- はギリシア語の "anemos(風)" から
来ているとするもある)
から名付けられた造語である。
 その後、精霊信仰一般を指す語として普及することになる。
(なお、『ジーニアス英和辞典 第三版』には "animism" の項について
「アニミズム、霊魂信仰、精霊崇拝」と簡潔に説明されていた。)

 次にこの語の変遷を辿るならば、
この語は不変的に確定した事物を指していたのではなく、
時に応じて少しずつその意味するものが変化してきたことが窺える。

 まず、先のタイラーはあらゆる宗教の最も小さな定義として
"霊的な存在への信仰"を挙げ、この語を用いていたようである。
 同人物に拠れば、死や眠り、夢といった
一見不思議に思える生理現象を通して
人間は霊的存在を想定するようになったという。

 この説は原始的な精霊信仰から多神教を経て一神教へと発展したとする
進化主義的、西洋中心主義的な発想に基づいたものとして批判を浴びることになった。
 その一方で、世界各地の民間信仰、民俗宗教などの基本的な性格を表現する語
として普及していったという。
 そうした中でアニミズムの語も、いたる所に遍在する生気、生命力といったもの
の信仰までもをその範疇に含んでいった。
 また、キリスト教や仏教といった宗教の中に見られる習合形態、
その信仰の基本的な部分にもこのアニミズム的な性格が指摘されるに至った。
 この語が日本に持ち込まれた際には、祖霊信仰や動物信仰などといった
民間信仰にこのアニミズムの性格が指摘されたという。

 ところで、過去においてアニミズムの語には少なからず
原始的、低級なイメージが付いて回っていた感があったのだが、
近年ではそうしたイメージに代わって肯定的な意味で捉えられること
も増えたとされる。

 このように、その語には時の流れに変じて多少の差異が見られる。
 しかしながら、『地霊殿』の中ではラスボスが太陽の力を得ており、
そのテーマ曲に"太陽信仰"と冠せられている点などから窺うとするならば、
それは冒頭で述べた意味、
即ち、自然物に対する信仰、といった風の意味合い
であったのではないかと推察できる。

 ●Subterranean
 "地下の"、或いは"隠れた、秘密の"という意味の英単語。
(なお、sub- なる接頭語には下、副、亜などといった意味合いがある。)

 これらを踏まえ端的にいうのであれば、
"地下の自然物(太陽)信仰"、というところであろうか。
 或いは首謀者が部外者には打ち明けずにことを進めていたことから、
"隠れた"の意味合いも有すると考えることもできるかもしれない。

 ちなみに余談。
 『全訳 漢字林』に拠れば、"地霊"とは
大地の精霊、大地の霊妙さ(韓詩外電・人)、といった意味合いの語であるらしい。
 また、伊吹 萃香のコマンド技、スキルカードにも"地霊"の名を見ることができる。
 こちらは大地から岩塊(密)や鬼火、人魂のような白い炎(疎)を噴出させるもので、
その演出からどちらも地と関わりがあるということができるのではないだろうか。


-------------------------------------------------------------------------------------------

― 出典 ―
・『東方地霊殿 ~ Subterranean Animism.』 上海アリス幻樂団 2008

― 参考文献 ―
・『日本民俗大辞典 上』 福田 アジオら編集 株式会社吉川弘文館 1999
・『日本妖怪博物館』 株式会社新紀元社 Truth In Fantasy編集部・弦巻 由美子編
  戸部 民夫・草野 巧著 株式会社新紀元社 1994
・『<ものと人間の文化史 122-Ⅰ>もののけⅠ』 山内 昶著 財団法人法政大学出版局 2004
・『日本民俗宗教事典』 佐々木 宏幹ら監修 三秀社 1998
・『ジーニアス英和辞典 第3版』 小西 友七/南出 康世編集主幹 株式会社大修館書店 2003
・『旺文社 シニア英和辞典〔新訂版〕』 小川 芳男編 株式会社旺文社 S.51新訂版発行
・『全訳 漢辞林』 戸川 芳郎監修 佐藤 進・濱口 富士雄編 株式会社三省堂 2002


09 1/23
・『地霊殿』でのボス達と"目"について

ふとここ最近気になったことがあったので
書き留めておきたいと思います。
それは上述のように、『地霊殿』のボス達と"目"について雑言。
雑考にすら及ばない雑文、ということで。
ちなみにわりと直感的に書き留めているので
あまり細かい点まで考えていません。
その点を予めご了承頂けると幸いです。

まずヤマメは土蜘蛛ですが、
蜘蛛を象徴する一要素として外見に着目した場合、
膨らんだスカートや黄色い帯もさることながら、
その服にある六つのボタンが挙げられるかと思います。
これは目の象徴とすると、自身の両目と合計し八つの目を持つ
ということになるかと思います。
加えて、その名前にも"や(上述と関連付けるならば八)"
と"め(目)"の音が混じっています。
ということで、キャラクター像(ここでは外見)を構成する一要素として
目の要素が窺えます。

次にパルスィですが、パルスィといえばいうまでもなく
その緑眼が象徴的な事物として挙げられるかと思います。
緑眼、それは嫉妬そのものを意味しますし、
自身の眼の色やテーマ曲の名、スペルカードにも
緑眼(目)という要素は大きく関わっているかと。

勇儀に関しては微妙ですが、画面上で視認した限り
その手に持っている杯には七つの星が描かれているように見受けられます。
(見間違いでしたらすみません。)
その形状から察すると、おそらく北斗七星でしょうか。
そして角にも同様に一つの星が。
先の杯の星々が北斗七星であるならば、角の星は北極星でしょうか?
もしそうであるならば、これは中々興味深いかもしれません。
日本では北極星と北斗七星を神格化した存在として妙見菩薩が知られていますが、
この妙見菩薩はその名のように"見"(優れた視力)、
つまり眼に関係があるということができると考えられる為です。
ということで、妙見菩薩からの繋がりで勇儀にも目との関連が…?

なお余談ですが、大江山の近辺では妙見信仰が盛んで、
酒呑童子の墓とされる石碑は妙見堂の境内にあると伺ったことがあるので、
目との関連云々を除いても、勇儀と妙見菩薩との関連は
浅くないように思われますが…
もしかしたら改めて着目してみるべきかもしれませんね。

さて、続いてはさとりですが…
第三の眼を持ち、心を読むということから"目"との関連は浅くはないと思われます。
また、スペルカード発動中の背景の麻の葉文、或いは中央の水晶らしきものなど、
特にさとりには目を想起させる事象が多いように思われます。

では、お燐はどうでしょうか。
これも微妙ですが、猫は人の方をじっと見る習性から
霊物視され、或いはその視線によって人に害を与える邪眼を持つ、
と考えられることもあったようです(主に西洋のことのようですが)。
この猫の習性、邪眼を持つと考えられていたという点から、
少なからず目という要素とは関連するようなしないような…
それと、目といえばスペルカード発動中の背景に
車輪と共に目のような文様も見受けられる点も少し気になります。

そして、お空。
まず外見からいえばその胸元にある目玉のような赤い玉が目に留まります。
おそらくは太陽を象徴しているものかと思われますが、
太陽は天空神の眼などといった考えは古今東西を問わず
わりと広く見られる考えのようです。
古いものでは古代エジプト神話にもその要素は見られるといい、
大分飛びますが、日本では伊邪那岐命が左目を洗うと天照大御神が化生した
と伝えられるように、やはり目と太陽という要素は深く結び付いています。
そういった関連から、太陽の力を持つお空も目という要素と
関連があるのではないかと考えられます。

さらにこいし。
さとりと同様の種族ということで、
その眼を閉ざしているにせよ第三の眼はある、
ということでやはり目と関連付けられるのではないでしょうか。
(なお、スペルカード発動中の背景は
お馴染みとなったエキストラボス自身の肖像、
それに加えてステンドグラス(モザイク)?とバラのようですが…。)

ということで、各々のボスについて軽く見てみると
殆どのボス達には何かしらの点で"目"と関連しているように思われるのですが…
何か関連はあるのでしょうか?
ただし、(東風谷 早苗さんは兎も角として)
キスメについてはこれといって目との関連が見当たらないというのも
この一連の関連付けに疑問を投げかけるようにも思われます。
他にも怪しい部分は至る所にあるので、
あまり真剣に考えないほうが良いかもしれません。

…とりあえず、こんな見方もあるのでは? というような雑文ということで。


08 12/27
昨日に続き「萃霊花」の件。
その範囲円周上に出現する雪の結晶ぽい図案について。

どこかで見覚えがあると思ったら、東方Projectではお馴染みの図でした。
『紅魔郷』ではプレイヤー選択、難易度選択画面の背景に配されており、
『妖々夢』、『永夜抄』、『花映塚』、『文花帖』、
『風神録』、『地霊殿』…と、紅魔郷以降の各々では
自機が低速移動になった際に自機の周りに出現するあの図でした。
(『風神録』、『地霊殿』では二つの図が各々時計回り、反時計回りで回って
 重なっていますね。
また、『妖々夢』ではPhantasmにて紫様がその周りに纏い、
スペルカード発動時にはその背景にも出現していますね。)

とすれば、紫様や境界との関連も考えられますか。
そうして雪以外にも解釈が広がると…さらに謎は深まりましたね…


08 12/26
萃香の遠隔霊撃「萃霊花」について。
萃霊花のエフェクトが雪の結晶ぽく、それが気になったので少々調べてみました。

萃香のモチーフとなったのは、その姓からも窺えるように
おそらくは伊吹童子だと思われます。
(これについては以前にも述べたことがあるかと思いますが。)

伊吹童子は伊吹弥三郎の忘れ形見で、説話によっては酒呑童子と同一視されるようです。
萃夢想のストーリーや物語中のテロップなど、酒呑童子関連の事物は随所に見えます。
ところで、先に出てきた伊吹弥三郎については、
蛇聟入型の説話(三輪山の神話が著名)が伝わっており、
後代、伊吹山の神の本地が八岐大蛇であるとされたことなどから
伊吹弥三郎は伊吹山の神(八岐大蛇)と同一視されるようです。

この伊吹山の神についてですが…
その名は八岐大蛇とは関係ない、倭武尊東征神話で登場しています。
(伊吹山の表記については
『古事記』では"伊服岐能山"、『日本書紀』では"五十葺山")
伊吹山の神は、『古事記』では白猪、『日本書紀』では大蛇に化けて
倭武尊の前に姿を現したようです。
ここで気になったのは、倭武尊がその正体が伊吹山の神(の使い)だと気付き、
「今は見逃すが帰りには必ず殺してやろう。」
といった旨の発言をした後の伊吹山の神の反応です。

『古事記』では「(前略)…是於、大氷雨零。」、
『日本書紀』では「(前略)…時山神之雲興氷零。」
と記されており、氷雨や氷(氷雪のことか)を降らせた、という記述があります。

ここでは伊吹童子、伊吹弥三郎との関連から大蛇に化けたという『日本書紀』の
記述の方がより気になりますが…
いずれにせよ、伊吹山の神は氷雨(或いは氷)を降らせました。
そして『地霊殿』では萃香は雪の結晶のようなエフェクトを持つ遠隔霊撃を使用する。
その遠隔霊撃のエフェクトの理由は、上記のような理由に依るのでしょうか?

…と、興味深い類似点を見たので述べさせて頂きました。
しかし一連の流れを考えてから気が付いたのですが、「萃霊花」で出しているカウンター弾は
通常ショットと同じ弾に見受けられます。
そしてパートナーが萃香の場合のショットは、「鬼神燐火術」。
つまり、あれは燐火なのではないか、と考えられ、
そうすると雪と炎(陰火ですが)?という組み合わせとしては少々おかしなことに…
うーん…


08 6/25
今回は考察というより気になった点を書き留めるだけに留めておきます。
あまり考えも纏まっていませんし。

・ボスキャラクターの演出について
今さらという感もありますが…今回ボスキャラが出現すると、
ボスキャラの周りの背景だけが魚眼レンズのように
特殊な演出が掛かっています。
これが意味するところは一体何なのでしょうか…。

地下に封じられた妖怪ということで、禍々しさを演出する為のエフェクトなのか、
それとも…何か空間や結界を弄るような相手が4面以降に登場することへの
伏線なのか…(どうも空間か結界のような力を想像してしまう…)。

・源頼光
というと、伝説上では著名な人物ですね。
特に酒呑童子退治の物語の主人公に当たる人物となっていますからね。
酒呑童子といえば、その配下には星熊童子がおり、
これは星熊勇儀の原像といえます。

そして、この酒呑童子の物語に繋がる物語として知られるのが、
土蜘蛛退治の物語。
この中での頼光は土蜘蛛によって高熱を発する病気に侵されており、
頼光配下である渡辺綱ら四天王が土蜘蛛を退治する物語が有名です。
この件から判るとおり、黒谷ヤマメの瘴符「フィルドミアズマ」が
この物語に典拠を置いていることが窺えます。
(石窟の蜘蛛の巣も。)

加えて、以前パルスィについて述べた際に
一説には怨霊と化した宇治の橋姫が源頼光ら四天王に倒されたという
説話があると述べました。

ここで、奇しくも1,2,3ボスの全てが、
源頼光という人物に退治されたという逸話が伝わっていることが判ります。
宇治の橋姫の詳細は判りませんが、少なくとも土蜘蛛と星熊童子は
朝廷に抗う者という立場を取っているわけで…。
(土蜘蛛は元々朝廷に歯向かった者達の蔑称であったといいますし。)

…地霊殿に登場する妖怪たちの共通点、
それは今回のストーリーからすればある意味当然の一致といえますが、
やはりこうして明らかになると面白いものです。
考察の際には、これを基軸にして考える必要がありそうですね。

と、とりあえず今回は此処まで。