月

雑考メモ / ― 節分と豆撒きについて ―

 豆撒きといえば、節分の夜に炒豆を撒く行事であり、
年越行事の一つとされる。
 この"節分"という時季については、
元々は立春、立夏、立秋、立冬の各々の前日をいったものであったが、
後世には特に立春の前日のみをこう呼び、行事が残った。
 故に節分の日は新暦、旧暦問わず同じ日であるが、
旧暦では立春は暦を改める上での指標であり、
この日に年が改まるとされた。
 つまり節分は年を越す前日に当たり、
その為この日に年越の行事が行われる。
 なお、この日は季節の変わり目、一種の時間上の境界である為に
妖怪、鬼が出やすいとも考えられる。

 先述の通り、豆撒きもこの年越行事の一つであり、
新年を迎える上で厄を祓う、災いや疫病をもたらすような悪鬼を
追い払う意味を持つとされる。
 このうち、何故炒豆を用いるのかという理由については確定していないが、
その霊力によって悪鬼を追い払う、或いは悪鬼に食料を与えないと
悪鬼が家の中に戻ってくる為だといった説明がなされるようである。
 さらに、炒った豆から芽が出ると不吉、鬼が来るとするなど
豆についても炒ったものに限定されて考えられる風がある。
 なお、時代や地方によっては炒った大豆の他にも、
米や麦、或いはかち栗といったものまでもが用いられていた。
(このうち米を撒くことについては『源氏物語』にも記述があり、
翌朝には撒いた米に血が付いていた、という話がある。
また、今日では家屋建築のうちの上棟式の時に米を撒く風習が見られるが、
これも同様に災厄や悪霊を祓う為だとされる。)

 この豆撒きの風習について見ると、諸文献の記述から民間では
室町時代中期頃以降から広まったと考えられている。
 それが江戸時代には節分、豆撒きとして定着していったらしい。
 一方でその行事の根底である、
新年を迎える上で災厄や悪鬼を追い払う為の行事
という観念はそれより古く、"追儺(大儺)"に由来するとされる。
 大儺は古代中国の儀式で、日本でもこれを模した行事が宮中で行われるようになった。
(なお、追儺の名は清和天皇の頃よりそう呼ばれるようになったという。)
 また、今日節分の豆撒きの風習を鬼打、鬼やらい、打鬼などとも称するのは、
この追儺の儀式にも通じていた為だともされる。

 その内容を見てみると、まず古代中国、紀元前の周代では、方相氏と呼ばれる、
玄衣紅裳を身に纏い、矛と盾とを持ち、四眼の面を付けた神役の人物が
百官と共に悪鬼を追い立てる、といったことが行われていたという。
 後、漢代には悪鬼を祓う霊力を持つとされた桃の弓なども用いられたという。
 この儀式が日本に伝わり、古く天武天皇の御代、
疫病が流行した際(慶雲三(七〇六)年)の大晦日に
"鬼やらい"の儀式を執り行ったとされ、以降宮中の年中行事となった。
 その様子は、陰陽師が祭文を読み、舎人の扮する方相氏が大声を上げ矛で盾を三度叩き、
多くの人で以って悪鬼を追い立てる、というものであった。
(ただし後には悪鬼を追い払う立場であった方相氏が逆に悪鬼に見做され、
追い立てられる役に転じてしまったり、
悪鬼を祓うものとして桃の弓や芦の矢などが用いられたりと変遷していった。)
 この儀式は公的なもので宮中の中で行われており、
一般にはまだ浸透していなかったという。
 また、この儀式も鎌倉時代以降は廃れていったという。
 その後、民間に豆撒きの風習が広まるのは先述した通りである。

 これらを踏まえると、節分の豆撒きの行事とは、
新年(立春)を迎える為に年越行事の一つとして、悪鬼を追い払う意味を持っていた。
 また、概念の上では宮中、或いは古代中国の年越の為の儀式である追儺(大儺)が
前身であるとされる、といったことが窺える。
 さらに、新年、立春を迎える為の行事ということから、
民間では年の初めに行う行事や意味合いと結び付いていることも多い。
 例えば、豆を炒ってその炒り具合で一年の豊凶を占う年占を行うことや、
豆を食べることで健康祈願の効が信じられているなどといった具合である。
 加えて、これは後述の内容とも関わるが、新年の行事ということで、
年占のように農作とも結び付いた習俗を伝える場合もある。


 ところで、節分といえば豆撒きの他、焼いた鰯の頭を柊の枝に挟むなどして
門前に取り付けたりする風習も広く膾炙している。
 これは"焼嗅(やいかがし)"とも呼ばれ、焼いた鰯の臭気と柊の尖葉によって
悪鬼を追い払うものであるとされる。
 鰯の頭は古来より魔除けの効があると信じられているが、
この他にもネギやニンニクといったものが門前に備え付けられる
場合もあったようである。
 なお、これらのものを焼く際に、蛇や害虫の名を唱える風習が見られることもあり、
こちらも農作の儀礼と結び付けられて伝えられる場合があるようだ。

 最後に余談。
 関西では太巻きを食べる風習があるが、
これは海苔巻きを鬼の持つ金棒を見立てたもので、
それを食する(奪う)ことを表す、とする考えもあるようだ。
 もしそうであれば、これも鬼の力を削ぐということでは悪鬼を追い払う行事の一種
とも見て取れるかもしれない。

― 参考文献 ―

  • 『生活文化歳史 第Ⅱ巻』 半澤 敏郎著作 東京書籍株式会社 1990
  • 『日本を知る事典』 大島 建彦・大森 志郎ら編集 株式会社社会思想社 S.46
  • 『新装新版 中国文化伝来事典』 寺尾 善雄著 株式会社河出新社 1999
  • 『日本神祇由来事典』 川口 謙二編集 柏書房株式会社 1993
  • 『民俗の事典』 大間知篤三ら編集 岩崎美術社 1972
  • 『古語林』 林 巨樹/安藤 千鶴子編 株式会社大修館 1997